ビルケンシュトックは雨の日に履いて濡れたらダメでしょうか?

ビルケンシュトックが雨に濡れる

Q:ビルケンシュトックは雨の日に濡れない方がいいでしょうか?もし濡れてしまったらどうすればいいでしょうか?

A:雨で濡れない方が良いですが、濡れてしまったら適切な処理をすれば大丈夫です。

天気が悪い雨の日にわざわざビルケンシュトックのサンダルを履かない方が良いのはわかっていても、想定外の荒天は突然訪れますよね。

もし雨で濡れてしまっても、濡れた状態で履き続けなければ大丈夫です。

どういうことかというと、ビルケンシュトックが使用している接着剤は自然由来のもののため、雨がしみた状態になると本体の接着が緩んでしまう可能性が高まります。

その状態で履くと余分な力が随所にかかってしまい分解の危機にさらされるからです。

ですから、たとえびしょびしょに濡れても早めに履くのをやめて、型崩れしないように乾燥させれば問題ないので心配無用です。

乾燥したあとシミなることも

特にフットベッドが地図を描いたかのような模様のシミになることがあります。

もし半分も濡れてしまったなら、全体を同じように濡らしてクリーニングしてしまう方がいいでしょう。

こんなこともあるかもしれないから、事前に対処できないだろうか?と思った方もいるはず。

そんな時はビルケンシュトックを履く前にちょっと一手間メンテナンスすることで予防することができます。

濡れていいモデルもあります

逆に最初から濡れるの想定というか、濡れてもいいビルケンシュトックがあります。

EVA(エヴァ)という素材ですべてのパーツを作られたモデルがウォッシャブルなEVAモデルになります。

もともとBirki's(ビルキー)が最初にEVAのフットベッドを採用したのですが、まだベルトはビルコフローを使ったミックスタイプでした。

それから研究を重ねたのでしょうね、満を持してベルトも全てEVAのモデルを発売しました。

ウォッシャブルになったおかげで使用できる環境が多岐にわたり、特にビーチで心置きなく使えるようになったおかげで、今まで夏の終わりに塩水のせいでカピカピになったビルケンの無残な姿を目撃してきた経験者にはビッグニュースです。

まとめ

ビルケンシュトックはいろんな想定をして耐久性も考え作られていますが、コトあるごとにケアするのが賢明です。

もし濡れてしまっても放置せず、丁寧にメンテナンスしてあげれば、また変わらずいつも通り履き続けることができるのです。