ビルケンシュトックのサンダルで車の運転をするのは違反なのか

ビルケンシュトックよくある質問

Q:ビルケンシュトックのサンダルを履いて車を運転しても違反ではないのでしょうか?

A:ヒールストラップなどで固定されていて足から離れなければ大丈夫ですが、オススメはしません。

ビルケンシュトックサンダルは履き慣れると、靴と同じようにある程度走ることさえできてしまうので、そのまま車を運転してしまいそうですね。

道路交通法では明確にサンダル着用が違反とは書かれていないものの、かかとが安定しないために運転に不適格とみなされれば、「安全運転義務違反」として検挙されるということになります。

道路交通法 第4章の第70条「安全運転の義務」

第70条:車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキ他の装置を確実に操作し、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼすことのないような速度と方法で運転しなければならない。

「考えられる危険性は2つ」

1.滑りやすい

ソール部分のグリップ力が弱いものは、ペダル操作で滑る可能性があります。

2.操作性が劣る

かかとの部分が固定されていないサンダルでは、とっさのときにペダルの踏み換えに支障をきたすおそれがあります。

ペダルやフロアマットとサンダルのかかとが引っかかると、動きが取れなくなることもあり大変危険です。

ドキッとした心当たりありませんか?

また構造上、指で支えるタイプのサンダルでは、踏力がうまくペダルに伝わらずに、万一の急ブレーキの動作が適切に行えないケースも考えられます。

事故を起こしてからでは遅いので、車の運転はシューズ推奨です。

ポイント

一応ヒールストラップがあるもので足がサンンダルと著しく離れないもので、運転に支障をきたさないものであれば使用可能範囲とも言えます。

どうしてもサンダルが良いという方は、必ずバックストラップ付をお選びくださいね。

記事一覧はこちら