ビルケンシュトック 固いと言われる履き心地が逆に評判上がる訳

ビルケンシュトック 固い

ビルケンシュトックを愛用している方や、これから使用してみたいと思っている方にとって、履き心地の評判はとても気になるところ。

気持ちよくて健康に良いという評判もあれば、その反対に固くて履きにくいと疑念を持つ方もいます。

足の形は十人十色、履き心地の感じ方も同様に人それぞれ。

今回は「ビルケンシュトックが固いと言われることもあるのに評判が上々なのはなぜか?」について解説していきます。

https://muuworks.com/topic/birkenstock-reputation/

ビルケンシュトック 固い、気持ちがいいと評価がわかれる理由3つ

  1. 根本的に合う人と合わない人がいる
  2. フットベッドとアッパーの種類の影響
  3. 正しい使い方と馴染むまでの時間が必要

根本的に合う人と合わない人がいる

人の足の形は十人十色なのに対し、足を乗せるフットベッドの形は決まった規格。

そして足を健康な状態に矯正していく機能性を備えたフットベッドは思いのほか固くできています。

ビルケンシュトックの柔軟に変化する自然素材をもってしても、全ての足を受け入れるのは難しいこともあるのは事実です。

例えば、バランスが崩れてしまった足はフットベッドの機能により矯正される圧力を強く感じてしまうので、単純に「固い」と評価されてしまいます。

しかし、実は正しいサイズ選定によってその誤解から解放されることもありますので、今一度確認してみましょう。

フットベッドとアッパーの種類の影響

もし何らかの疾患であなたの足がデリケートな感覚を持っているとしたら、通常のフットベッドでは固く感じることでしょう。

そんな方のためにビルケンシュトックには「ソフトフットベッド 」があります。

ソフトフットベッド は足を柔らかく包み込み全体的に圧迫感を軽減します。

固く感じるのは何も足裏だけとは限りません。

それはアッパーの種類によって足の側面や甲の上、カカト、くるぶしなども固さを感じる部分になるからです。

特にナチュラルレザーのものは比較的革が硬い作りになっているために、履き込んで馴染むまではそう感じてしまいます。

耐久性を重視していることもあり厳選された厚手のレザーを使用しているので、致し方ないところではあります。

もしなかなか馴染まなかったり、新規購入する際に心配であれば、アッパーの素材が「ビルコフロー」や「スエード」のモデルを選べば、使い始めから足当たりが柔らかいので断然おすすめです。

正しい使い方と馴染むまでの時間が必要

ビルケンシュトックのサンダルは歩行時の足の動きを含め総合的に設計されています。

そのため、ごく自然な足の運びとならない方の場合は、足の一部に集中的な圧力が加わりやすくなるために「固い」などの違和感となって現れます。

そのまま無理をして使用し続けても逆に悪影響となってしまいますので、正しい歩行方法などを理解する必要があります。

サイズのみならずサンダルのストラップ形状、そしてモデル全体、さらに歩行のやり方を含めた総合的なフィッティングをすることが快適な歩行をするために気を付けなければいけません。

ですから、たとえ現状固いと感じられている方でも、実は使い方を正しく直すことで履き心地が改善され、評価も上がることに繋がります。

もちろん急に改善されない場合は、様子を見ながら徐々に使用時間を増やし馴染ませることは必要です。

まとめ

今回はビルケンシュトック 固いと言われる履き心地だったものが、使い方などを理解すれば履き心地が改善するということを説明しました。

ポイントは3つ

  • 根本的に合う人と合わない人がいるが、今一度サイズの確認をしてみる
  • フットベッドをソフトフットベッドに変更してみたり、アッパーを足あたりに良いビルコフローやスエードを選ぶ
  • 正しい歩行方法を理解し、馴染むまでゆっくりと時間をかけて使用する

固いなどの評判を目にした方や、実際違和感があった方にとってひとつの悩みが晴れ、気持ちよくビルケンシュトックを使用していただけることになれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。