>>Amazon タイムセール祭り中!

ビルケンシュトックの正しいサイズ選びとフィッティング

ビルケンシュトックのサイズ

サイズとフィッティングを正しく見極めるコツ

正しいサイズを選ぶ

ビルケンシュトックの特徴を最大限に生かして、健康生活に役立てるためにも、足に合ったサイズを選ぶことは必要不可欠です。

ゆっくり時間をかけて、実際にフィッティングを試すようにしてください。

「ゆったりリラックスフィット」これがビルケンシュトックのフィット感です。

正しい幅の選択

足に合う正しいサイズを履くことで、ビルケンシュトックの機能性を最大限生かすことが可能になります。

フットベッドに足を置いた時に、全体的に包まれるようにセットできるサイズを選ぶことが大切です。

perfect-fitting-6

そのためにはご自身の足のサイズを知ることが重要です。

簡単に測ることが出来ますので、足のサイズが曖昧な方はサイズの測り方を参考にやってみましょう。

HOW TO FIT

正しいフィッティングの手順

足をのせる
fitting1
  • ベルトを全て開きます
  • フットベッドの上へ足を置きます
  • ベルトを締めてカカトをあげてサンダルを曲げてみます
CHECK
fitting2
  • 足とフットベッドの輪郭がぴったり合っていますか?
  • 足の裏の感覚と土踏まずなどの盛り上がりが、大きな違和感なく合っていますか?
バックル
fitting3
  • 甲のベルトを最初に締めます
  • きつく締めすぎると、歩行の際必要以上にフットベッドが持ち上げられて湾曲してしまいます
  • 効果を発揮できなくなりますので、指が入るぐらいのゆとりが必要です
歩いてみる
fitting4
  • ゆっくり歩いてみましょう
  • 違和感がないか確認しましょう
メモ

違和感とは、痛みが伴う、局部的に圧迫感がある、擦れるなどの症状です。

単に歩きにくいというのは、慣れるにしたがって歩行矯正されて解決する場合が多いです。

このように十分なフィッティングを行ってから購入できれば問題ありません。

しかし、通信販売などでは、いざ履いてみてサイズがしっくりこない場合を想定して、サイズ交換可能なお店を選択することが重要です。

心理的に交換の手間が面倒だと思うかもしれませんが、そのまま間違ったサイズを履き続けることで思わぬ弊害が生じることがあります。

それは、身体に疲労感がでたり、サンダルにダメージを与え壊れやすくなってしまうことです。

合わないサイズを買ってしまい交換もできない時

モデルやブランドの違いによってもフィット感にもそれぞれ違いがあります。

じっくり時間をかけて自分に合ったものをお選びいただくことで、ビルケンシュトックの真髄、フットベッドの機能性を最大限発揮できます。

しかし、購入して履いてみたもののなんだかしっくりこない。なんてことも少なくないです。

室内で試してすぐに気付けばいいですが、外で長時間履いたともなると交換もできませんね。

そんなときは合わないサイズを変更する改造などの裏技も存在するの?