ビルケンシュトック モンタナは履き心地よし独創的で存在感のあるデザイン

ビルケンシュトック モンタナ

ビルケンシュトックのモンタナは、シューレースの通し方が独創的で存在感のあるデザイン。

リベットを打ち込んだカカトの折り返しはデザインアクセントだけで無く補強の役割も兼ねています。

1トーンのモデルとフロント・バックで素材・配色を変えた2トーンモデルもラインナップ。

毎シーズンどんなカラーが出るのかワクワクします。

ここではモンタナユーザーから依頼されたメンテナンスの記事を症状別に紹介します。

モンタナの修理は色々な技の見せ所が多い

依頼されるとドキッとするホワイトやベージュの薄色系

ビルケン|モンタナ・ベージュ、ホワイト系

これはレディースサイズですが、メンズも合わせて今まで何足も依頼されているわけですが、ホワイト系というのはいつも緊張します。

キレイに出来るか?逆にシミ付けてしまわないだろうか?という不安とかドキドキが止まりません。

ソール交換とクリーニングのモンタナ

受けてしまったからには一生懸命やるしかないですね、各部点検したらフルレストアいたします。

チェックのためにバラバラにしたモンタナ

全てバラバラに解体して隅々までチェック。

ソールの割れた状況

水が染みてくるとか言ってた原因はココ。

ソールがパックリ割れています。

フットベッドも割れている

おまけにフットベッドは腐ってます(涙)

ダメなところだけ掻き出して補修です。

ライナーを交換作業

カビが生えてるように見えたライナーも新しく張り替えます。

それと平行してクリーニングやソールの接着準備。

アッパーのクリーニングを終えて

ライナー張ったフットベッドを再び元のように組み直します。

新しいソールを接着

下準備を済ませた底材をしっかり接着します。

ソールが剥がれるトラブルがたまにあるモデルなので念入りにガッチリ。

元通り完成したモンタナ

最後に革全体に栄養を与えてフィニッシュ!

修理前のモンタナ
修理前
修理後のモンタナ
修理後

結構キレイになりましたよ!

やっぱモンタナはカワイイですね。

細かいシミの跡が目立つブラウン系モンタナ

シミを取るクリーニングとソールの交換

モンタナ2トーンのコンビカラーはイイ感じの組み合わせが多いので、新製品が出るたびに欲しくなってしまいます。

このブラウン系は人気定番色なので、修理に来る数も多いです。

ブラウン系のモンタナ
モンタナのソール交換

ソールが減ったので修理依頼されたわけですが、このシミ汚れは一番解決したい悩みだと思います。

ちょっとツブツブのシミが目立ちますね。

シミの汚れが目立つモンタナ
アッパーの汚れ

とりあえず下準備でシミを取りますが、その工程は「自分で簡単に出来る【ビルケンを洗う方法】わかりやすく解説」の中で確認してください。

モンタナ 手入れ 洗う
左:ビフォー、右:アフター

右側のアッパーのシミは結構取れてるでしょ?

左も同じようにやったら新しいソールをくっ付けて全体にタップリ保湿栄養を与え、クタクタになった紐も新しくしたら完成です。

ソール新品
キレイになったモンタナ

▽▽▽この交換した紐はこちらです▽▽▽

モンタナの紐(ひも)はシャノン用を使うと最高

パッと見た感じキレイなのですが、ソールがここまで減ってはかわいそうですよ。

もうちょっと早く出しましょうね〜

ここまでくると全部ばらして直すしかないです。

まあ逆にこうすれば思い切り洗う(シャンプー)ことができるのでありがたい?

ライナーもこれだけ汗を吸っていると、べろ~んって簡単に剥がすことができます。

ふかふかモフモフ新品のライナーを張りなおします。

クリーニングしたアッパーを接着して戻しますが、もちろんカカトの切れてしまったところも補修済みでございます。

ソール張ったら完成。。。

最後に保湿したり撥水加工したり色々やってからホントの完成ですね。

気付きましたか?ヒモの色最初と違うくなってるでしょ。

ちょっと変えただけでずいぶん印象違うと思いますがいかがでしょう?

ちなみに TATAMI シャノン用の紐が最高にマッチします。

モンタナ用との違いは、ほんのちょっとボリュームがあって弾力もあり、結ぶと解け難くなっている点です。

ブラック、ブラウン、ライトブラウンが、TATAMIの取扱店で購入可能です!

モンタナにサンダルのソールをつければ軽くて軽快なスニーカーみたい

オーナーのご要望でサンダル用のソールに変更

モンタナを修理

まずは普通にバラして汚れを落とすんですが

モンタナをバラす

サンダルソールを貼ることで元のソールのサイドに巻き込んでいる部分のノリの痕が見えてしまうので、気合いを入れてキレイにします。

汚れ比較
左:クリーニング前 右:クリーニング後
モンタナクリーニング
左:クリーニング後 右:クリーニング前

どうしても線は残ってしまいますが、細かいとこ気にならなければ、履き心地もマイルドになるし、修理もしやすいのでオススメです。

モンタナ サンダルソール

この方法、前からオススメしているんですが、あまり良さに気付いてもらえないんですよね、、、

という記事を書いたのは2009年3月のこと。

その後サンダルソールのモデルとか発売されましたよね。

やっとわかってもらえたのかと思ってます。

最後に

今回はモンタナによくある修理バリエーションを解説いたしました。

知っての通りビルケンシュトック モンタナのソールは一体型の特殊なウレタンソールで出来ています。

カカトも減りにくく耐久性があって優秀なのですが、ちょっとした剥がれに気づかずそのままにして、全部パカっと接着が取れてしまうことも報告されています。

もしそうなっても、自分で接着しようなんて思わないで、プロの修理にお任せした方がいいですよ。

その辺り気になる方は、ビルケンのソールが剥がれても自分で接着しない方がいい理由をご覧ください。